MENU

メンズ脱毛の選び方

メンズ脱毛する人が増えたし、
流行ってるみたいだけどどうなの?
って迷ったら、、、!
メンズ脱毛クリニック・エステサロンはここで探せる

 

まずは、メンズ脱毛やる前に、
どういう脱毛の種類があって
どの脱毛方法が自分に合ってるのか?
簡単にでも知っておこう!
今までヒゲ剃りしかしてこなかったから
よくわかんねぇ〜!っていう方も
自分に合った男の脱毛法を選んで、
理想のスッキリを手に入れてください。
下記にて、
メンズ脱毛の種類と効果などをご紹介♪

メンズ脱毛の種類は?

メンズ脱毛クリニック・エステサロンはここで探せる

    家でできる脱毛法

     

    ・電気シェーバー
    ・毛抜き・カミソリ
    ・ワックス脱毛
    ・脱毛クリーム
    ・脱毛ジェル
    ・家庭用脱毛器
    など

     

    エステサロン、
    クリニックの脱毛法

     

    ■光脱毛
    ・フラッシュ脱毛
    ・IPL脱毛
    ・プラズマ脱毛

     

    ■ニードル脱毛
    (針脱毛・電気脱毛)

     

    ■医療脱毛
    ・レーザー脱毛

     

 

どの脱毛方法が良い?

上記のようにメンズ脱毛方法は
いろいろありますが
自分の体質や肌の状態、状況に合わせて
選ぶことができます。

 

電気シェーバーは、
毎朝のお手入れ法として欠かせませんが
肌の表面上に出ているむだ毛をカット
しているだけです。なので、
どうしても濃い人は皮膚下に埋もれた毛が
うっすらと見えてしまい
青髭になりやすくなります。
意外にもひげの毛の流れは
縦横無尽に生えているのでどうしても
滑らかに剃れず剃り残してしまったり。
今は、まさにこの面倒臭さから解放される
ひげ脱毛は人気になっています。

 

毛抜き・カミソリについて、
カミソリもシェービングと同じく
肌表面に出ている毛をカットするので
翌日には生えてきます。
カットされた毛断面が
斜めになったりすることで
太く濃くなったように
見えてしまいます。
その日または翌日まで綺麗に
していたい時はさっと手軽にできるので
一番出番が多いのはカミソリでしょう。
ピンセットや毛抜きは、
ムダ毛を毛根から引き抜きますが
やりすぎると肌に赤みを帯びたり
細菌が入り炎症を起こすことがあります。
埋もれ毛

毛抜きのデメリットとしてあります。
毛穴から引き抜いた後、その後
傷ついた皮膚も再生される際に
肌下の毛根から毛がうまく出られず皮膚下に
埋もれることになります。
また、カミソリと違って毛根付近から
引きはがすので皮膚と毛細血管を傷つけ
次回生えてくるムダ毛が自己再生により
本当に太く濃く成長させてしまうことも
あるので要注意!

 

ワックス脱毛は、
ドラッグストアでもよく売られていますが
ワックスを腕や足など塗り、むだ毛を
べりっと一気にはがす!というものです。
一気にはがす勇気も必要で、痛いです。
全てむだ毛が抜けるわけでもなくwaxが
乾いていないと失敗することもあります。
痛いわりに失敗しやすいため
需要は減ってきています。
ワックス脱毛は毛根から引き剥がすので
生えてくる時間が遅く感じるメリットがあります。
またブラジリアンワックスというのが
ありますが
これは陰部などにワックスを塗り
固まったところを
一気に剥がすという方法です。

ブラジリアンワックス専門店やエステサロンなどで
プロが対応してくれるので綺麗に
脱毛できると人気になりました。

 

脱毛クリーム・ジェルは、
腕、足等(顔以外)脱毛したいところに
クリーム・ジェルを塗り
一定時間おき洗い流すタイプのものです。
むだ毛を溶かして処理します。
ムダ毛を溶かす事で除毛するので
多少毛穴の中の毛も溶かされ、
カミソリなどに比べると生えるのが
遅く感じるメリットがあります。
ただし、
ムダ毛を溶かす薬剤が入っているので
肌が弱い人は避けましょう。
皮膚が赤くなる・痒くなる人もいます。
パッチテストと言って
前日にほんの少量のクリームを
目立たない箇所の腕や足に塗って

かゆみや赤くなるかチェックしましょう。
かゆくなったり赤くなるなら
使用は止めましょう。

 

いづれの家庭でできる脱毛方法を
行った際は、
アフターローションや保湿クリームなどを塗り
抜いた後の肌を保護しておきましょう。

 

 

ニードル脱毛ってどんなの?
ニードル脱毛
針脱毛・電気脱毛とも言います。

 

ニードル脱毛とは、毛穴に針を差し込み、
電気を流して脱毛する方法です。
とにかく痛い!
毛穴に針は刺すので、相当な痛さになります。
それでも永久脱毛に近い効果があるため
結構女子はみんな我慢して脱毛していました。
それでも、痛さに泣きながらにも
医療系であれば、麻酔を打ってもらって
耐えに耐えて脱毛していました。
毛根に電流を流して死滅させる方法で
医療行為であり
クリニック系でないと肌が荒れたり、
化膿してしまったりした場合に
適切なケアをしてもらえないなどトラブルも多いです。

 

最近ではレーザーやフラッシュ脱毛など
針を刺すなんて行為をしなくても
脱毛できるようになったので
そちらの方が主流になっています。

 

医療脱毛とは?
医療脱毛
病院やクリニックなど医療機関で行う脱毛法です。
エステティックサロンで行う脱毛方法と
どのような違いがあるのでしょうか。

 

脱毛の種類の中でも
レーザー脱毛やフラッシュ脱毛などは
医療行為なのです。

 

法律によりエステティックサロンでは
医療機器の使用が禁じられています。
ですから、エステサロンなどでは
医療機器レベルの脱毛は行えません。
医療機器レベルの脱毛と言うと、永久脱毛などが
ありますが、
強い出力のレーザーやフラッシュなどは
医療従事者、病院などでしか行えません。
また、それだけマシンが強力なため
トラブルも発生しやすく、
専門医が対応しなければならないのです。

 

 

レーザー脱毛とは?
レーザー脱毛
レーザー脱毛は、レーザーを照射して
脱毛を行う方法です。
レーザーマシンは、各企業が性能を争って
いろいろ出ています。
例えばダイオードレーザー、
アレキサンドライトレイサー、
yagレーザーなど様々です。
高出力のレーザーを肌表面に照射して、
表面に入れているムダ毛や毛根をやき、
破壊する方法です。
針を刺すニードル脱毛のように
レーザーを照射して
毛根を一つ一つ焼いていくという感じです。
針よりかは痛みがないですが、

痛みはあります。
また、デメリットとして、
火傷やしみなどの肌トラブルも起こりやすいです。

 

体質や肌質に合わせてどのマシンがいいのかは
医療系脱毛クリニックで相談しましょう。

 

 

光脱毛、フラッシュ脱毛とは?
光脱毛・フラッシュ脱毛
光脱ipl は、
マシンから照射される光によって
毛穴、毛根などに強力な光のダメージを与えることで
脱毛効果を発揮する方法です。
光のエネルギー、出力されるエネルギーは
エステティックサロンや医療機関により異なります。
ssc脱毛とは、
肌に塗るジェルの中に脱毛を促す成分が入っており
これに光を当てムダ毛の発育を抑制する効果を持ちます。
肌が弱い方やアレルギー体質などの方は
光脱毛でもssc脱毛の方が良いかもしれません。